友の会読書サークルBooks

本の紹介「ロウソクの科学」

「ロウソクの科学」ファラデー著、岩波文庫、2010年9月、ISBN978-4-00-339091-7、700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20170224】
●「ロウソクの科学」ファラデー著、岩波文庫

 英国では伝統になっているらしい、著名な学者によるクリスマス講義の1860年の担当はマイケル・ファラデー。19世紀の著名な化学者で、本書「はしがき」には、電磁気感応の発見、電気分解に関する発見などがその業績として挙げられている。本書はその6回の講義からまとめられたもので、ロウソクの燃焼を通して、酸素や水素の性質、電気分解などをやさしく解説している。速記から起こされた文章なので、その場の状況が分かりにくい部分もあるが、逆に、講義をしながら実験するファラデーやそれを熱心に聴いている少年少女たちの姿を想像しながら、英国のよき伝統を満喫できるのではないだろうか?

 お薦め度:★★★  対象:歴史的な科学書を掘り起したい人。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]