友の会読書サークルBooks

本の紹介「ライチョウ」

「ライチョウ 二万年の奇跡を生きた鳥」中村浩志著、農文協、2013年8月、ISBN978-4-540-12118-0、2500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20161220】
●「ライチョウ」中村浩志著、農文協

 著名な鳥類研究者であるところの著者による、「雷鳥が語りかけるもの」に続くライチョウ本第2弾。2006年の前作と大筋で同じような内容なのだけど、前作では調査結果に基づく話が少なくてイライラしたが、この本では調査の成果がふんだんに投入されている。食性、換羽、冬の生活、個体群動態、死亡原因、社会、遺伝子解析、最北の小集団の謎、分散、危機的状況が、調査結果をもとに語られ、ライチョウの生態を知るのにかっこうの一冊となっている。
 ライチョウの危機的状況は、前作の頃と変わらず。ライチョウの未来はあまり明るくなさそうなのが残念。次回作ではライチョウが救われる話を読みたいと思ったりする 。

 お薦め度:★★★  対象:ライチョウの生態を知りたい人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]