友の会読書サークルBooks

本の紹介「ペンギンの不思議」

「ペンギンの不思議 鳴き声に秘められた様々な役割」宮崎正峰著、誠文堂新光社、2014年10月、ISBN978-4-416-11450-6、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20150222】
●「ペンギンの不思議」宮崎正峰著、誠文堂新光社

 日本人はペンギンが好き? 世界中で飼育されているペンギンの4分の1にあたる約2500羽が日本にいるそうだ。動物園や水族館で当たり前のように見ていたペンギンだが、野生のペンギンの生態は初めて知ることが多かった。
 小学校高学年から中・高生に向けた体裁になっているが、海外の研究者の最前線の研究成果なども紹介されていて読み応えは充分ある。子どもたちが読むことを意識してるのか、やさしい分かりやすい言葉で表現されているのも好感がもてる。分類に関する説明はとても分かりやすかった。

 お薦め度:★★★★  対象:動物の調査研究に興味がある子どもたちに。ペンギンは可愛いと思う人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]