友の会読書サークルBooks

本の紹介「ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ」

「ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ ハイテク海洋動物学への招待」佐藤克文著、光文社新書、2007年8月、ISBN978-4-334-03416-0、840円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【魚住敏治 20090422】
●「ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ」佐藤克文著、光文社新書

 ペンギンやアザラシ、ウミガメなどの水生動物がどのように遊泳したり、餌採りをしているのかなどを調べる。と、ここまで書くといかにも簡単そうだが、なにせ相手は海のどこにいるかわからないし、極地に住んでいたりする。そこでハイテク機器の登場となる。しかし、これも大変である。きっちりと装着するのがむずかしい、装着出来ても思うようなデータが得られるとはかぎらない。そんなときたよりになるのは研究者のひろい視野と柔軟な思考らしい。
 ひごろ目にすることのない極地での調査や生活の様子もめずらしく楽しい。
 最後の章とあとがきは、これからの学生に対するメッセージ。それともこの本でほんとうに書きたかったことでしょうか?

 お薦め度:★★★★  対象:中学生以上の方

[トップページ][本の紹介][会合の記録]