友の会読書サークルBooks

本の紹介「パンダの親指」

「パンダの親指 進化論再考」(上・下)スティーヴン・ジェイ・グールド著、早川文庫、1996年8月、(上)ISBN978-4-15-050206-5(下)ISBN978-4-15-050207-2、(上・下)640円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20091022】【公開用】
●「パンダの親指」スティーヴン・ジェイ・グールド著、早川文庫

 ほぼ20数年ぶりに本書を読んだ。人間の脳やクジャクのオスの羽の進化は“理論”に合致するか?ダーウィンやウォレスはもとより、多くの学者が悩み、潜在的な期待や願望や偏見に真実の発見を妨げられた。その典型はピルトダウン人の捏造であるが、「ダーウィン以来」より続く「ナチュラル・ヒストリー」誌への連載をまとめたエッセー集は、このような進化をめぐる著者の博識がいっぱい詰まっており、何回読んでも興味が尽かない。

 お薦め度:★★★★  対象:生物の進化に興味を持つ全ての人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]