友の会読書サークルBooks

本の紹介「泳ぐイノシシの時代」

「泳ぐイノシシの時代 なぜ、イノシシは周辺の島に渡るのか?」高橋春成著、サンライズ出版、2017年2月、ISBN978-4-88325-610-5、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20170421】
●「泳ぐイノシシの時代」高橋春成著、サンライズ出版

 タイトル通り、近年イノシシが泳いで、島に渡っているケースが多発していることを紹介した一冊。かと思いきや、近世から現代にいたるイノシシの分布の変遷や、人との関わりの変化にまで話が及ぶ。イノシシと人の歴史が判る一冊。
 第1章はイントロ。1980年代以降、イノシシが泳いで島に渡る事例が多発していて、農業被害や生活被害を起こしていることをざっと説明。そして、第2章では、琵琶湖、瀬戸内海、宇和海、九州、南西諸島と日本各地で、イノシシが泳ぎ、島に渡った事例を次々と紹介。第3章では話は世界に及ぶ。第4章では。江戸時代、明治・大正時代、現代のイノシシの分布の比較からはじまって、生息地の拡大の要因として、温暖化、土地利用の変化、養殖イノシシ・イノブタの問題、狩猟や駆除の影響など人とイノシシの関わりの変化が語られる。
 現代の獣害問題を考える上で、とても勉強になる本。

 お薦め度:★★★  対象:イノシシあるいは獣害問題に興味があれば
[トップページ][本の紹介][会合の記録]