友の会読書サークルBooks

本の紹介「オサムシの春夏秋冬」

「オサムシの春夏秋冬 生活史の進化と種多様性」曽田貞滋著、京都大学学術出版会、ISBN4-87698-308-9、2100円+税


【注意1】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

【注意2】お薦め度は星の数で4段階で示しています。大雑把にその意味は、
         :薦めません       ★★  :読んでみてもいい
      ★★★ :けっこうお薦め     ★★★★:絶対にお薦め!

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【河上康子 20030220】
●「オサムシの春夏秋冬」曽田貞滋著、京都大学学術出版会

 オサムシを研究材料として、その生活史進化と種多様性との関係を、20年にわたり探求してきた著者の研究史。第一章はまず最も身近であった京都盆地の2種のオサムシの生活史調査の記録にはじまり、春繁殖・秋繁殖の分化から考察できる、地理的な適応への変異、すなわち高山帯・寒冷地でのオサムシの生活史研究へと進む。さらに、生活史の多様性がもたらす系統進化への可能性を求め、世界中のオサムシ族の生活史、遺伝子解析から得られる系統樹と生活史との比較検討へと幅広く展開する。ガラパゴスへ行かなくても、身近なオサムシでも進化の研究はできると語る著者のおもいに深く共感できる。
 
 お薦め度:★★★  対象:昆虫の生態や進化に興味のある昆虫好きのひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]