友の会読書サークルBooks

本の紹介「おっぱいの進化史」

「おっぱいの進化史」祖田修著、技術評論社、2017年1月、ISBN978-4-7741-8679-5、1880円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【上田梨紗 20170616】
●「おっぱいの進化史」祖田修著、技術評論社

 帯に書かれた「哺乳類ならおっぱいのことをもっと知るべきである」に、たしかにその通りだと思いました。何者かに哺乳類を代表して答える時が、いつかやってくるかもしれないし、やってこないかもしれない…、そんな哺乳類代表気分を味わいながら、CHAPTER1を読み初めたのですが、代表は辞退しようと思いましました。成分が全く頭に入ってこない。動物によって成分が異なっていたり、人間でも人種によってミルクオリゴ糖が分泌型と非分泌型に別れるなどサラッとしたことしかわかりません。表紙のイメージと違って専門的です。
 CHAPTER2・3・5は、最高でした。海棲哺乳類のおっぱいは脂っこい固まりのようなもの、乳腺フェロモン、オスもおっぱいがでるのか? おっぱいがあって乳歯がある、乳酸菌って大切だけど虫歯菌の一種でもあるなど、おっぱいを作り出した御先祖様スゴイです。ただ爬虫類から哺乳類にどうやってわかれたのか、とても不思議です。

 お薦め度:★★★★  対象:哺乳類・おっぱいが好きで悩んでる人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]