友の会読書サークルBooks

本の紹介「おおきな石」

「おおきな石」須田郡司著、福音館書店たくさんの不思議2013年2月号、2013年2月、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20130626】
●「おおきな石」須田郡司著、福音館書店たくさんの不思議2013年2月号

 山の中でも海岸でも、大きな石が転がっているのを見ると、何だかうれしくなってしまいませんか? どうしてこんなところにこんな大きな石があるのだろう、こんな形はどうしてできたのかな何て想像すると、人の力では造形できない、自然の力の偉大さを感じずにはいられません。これは世界中で共通するようで、名前が付けられたり宗教的なシンボルになっていたりします。この本は、世界中のそんな大きな石を紹介しています。微妙なバランスで崩れない石、人が作ったかのような橋のような形をした岩、波のような見事なカーブを描いた岩など様々な石・岩を紹介しています。せっかくだから、自然造形の石だけにすればよかったのに、人が加工した石も取り扱っているのが残念。

 お薦め度:★★★  対象:大きな石に自然のすごさを感じる人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]