友の会読書サークルBooks

本の紹介「温泉と地球科学」

「温泉と地球科学 温泉を通して読み解く地球の営み」大沢信二・西村進編、ナカニシヤ出版、2016年9月、ISBN978-4-77951094-6、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20170219】
●「温泉と地球科学」大沢信二・西村進編、ナカニシヤ出版

 近くに火山がない場所でも各地に温泉は出ている。この本はそうした非火山地帯で温泉が出ている根源を何人かの専門家が論じている。各温泉の熱水成分同位体比を調べて温泉の元を論じるなど温泉についてのかなり専門的な本である。「火山に湧く冷たい炭酸泉」「沈み込むプレートに辿り着く温泉」「太古の海洋環境の手がかりになる湯ノ花」「有馬温泉の金泉」等がある。西日本にある中央構造線ぞいの温泉は変成岩から熱水が絞り出され変成岩の上昇と共にわき出ているとか,有馬の金泉(多様な温泉成分を含む)や紀伊半島の温泉は酸性の貫入岩脈に沿ってアルカリ性の高温水が出ているとか,長年の研究成果が興味深く論じられている。

 お薦め度:★★★  対象:温泉に関心を持つ地球科学研究者・学生
[トップページ][本の紹介][会合の記録]