友の会読書サークルBooks

本の紹介「驚きのアマゾン」

「驚きのアマゾン 連鎖する生命の神秘」高野潤著、平凡社新書、2013年12月、ISBN978-4-582-85712-2、800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20140422】
●「驚きのアマゾン」高野潤著、平凡社新書

 著者はアンデス、アマゾンに魅せられ、40年前から毎年これらの地域を訪問している。そして、そこで得られた体験をまとめた多くの本を出版している。今回の本は、アマゾン訪問初期から体験した、水辺、森、空気から感じた不思議な出来事をまとめたものである。弓矢やレメダル(声帯模写)の特技を持った現地人、水位の変化による苦労、巨大なヘビとの遭遇、妖怪「クルピラ」を想わせる怪音、マラリアの特効薬、ジャガーやペッカリーの恐怖・・・。アマゾンに行ってみたい人も、行ってみたいとは思わないが知りたい人など、一読の価値がある。ただ一点、今回写真がモノクロなのが大変残念。

 お薦め度:★★★  対象:アマゾンに興味を持つ人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]