友の会読書サークルBooks

本の紹介「おちばのしたをのぞいてみたら…」

「おちばのしたをのぞいてみたら…」皆越ようせい著、ポプラ社、ISBN4-591-06501-4 、1200円+税


【注意1】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

【注意2】お薦め度は星の数で4段階で示しています。大雑把にその意味は、
         :薦めません       ★★  :読んでみてもいい
      ★★★ :けっこうお薦め     ★★★★:絶対にお薦め!

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【光田知恵子 20030203】
●「おちばのしたをのぞいてみたら…」皆越ようせい著、ポプラ社

 季節が巡っては、降り積もる落ち葉。その中でこんなにも個性豊かな面々が暮らしていたんだと気付かされる写真絵本です。生き物たちは、落ち葉を食べ、それを栄養たっぷりのふかふかの土へと変えてくれます。土壌動物にこだわったカメラマンの、それら生き物に対する愛情が感じられる一冊。個人的には、ミミズの卵がレモンのようにかわいらしく、嬉しくなりました。
 
 お薦め度:★★★★  対象:幼児から大人まで

[トップページ][本の紹介][会合の記録]