友の会読書サークルBooks

本の紹介「人間の性はなぜ奇妙に進化したのか」

「人間の性はなぜ奇妙に進化したのか」ジャレド・ダイアモンド著、草思社文庫、2013年6月、ISBN978-4-7942-1978-7、700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20131213】
●「人間の性はなぜ奇妙に進化したのか」 ジャレド・ダイアモンド著、草思社文庫

 『銃・病原菌・鉄』で有名なジャレド・ダイアモンド(それでいて実は鳥の生態学研究者であり、医学部教授)がヒトの性行動を進化生物学的に考察した本。
 我々にとっては当たり前でも、哺乳類や鳥類など他の動物とくらべると、ヒトの性行動は変わっている。これがすべての始まり。我々にとって当たり前、でも他の動物ではあまり見られない、どうしてヒトはそのような性質を身に付けたのか。というパターンで、父親が子育てに関わること、母親のみが授乳すること、基本的に一夫一妻で、女はいつ排卵するかのシグナルを出さず、生殖に関わりなく性行動を行うこと、閉経と言う現象があること。次々といろいろなテーマが取り上げられる。
 以前の邦題は、『セックスはなぜ楽しいか』だったそう。今回、より手に取りやすいタイトルに変えたそうだが、それでも電車の中では少し読みにくかった。

 お薦め度:★★★  対象:他の哺乳類を見渡すとヒトの性行動には例外的な部分が多い、と言われて、少しでも驚いた人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]