友の会読書サークルBooks

本の紹介「日本列島100万年史」

「日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語」山崎晴雄・久保純子著、講談社ブルーバックス、2017年1月、ISBN978-4-06-502000-5、1000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【上田梨紗 20170421】
●「日本列島100万年史」山崎晴雄・久保純子著、講談社ブルーバックス

 この本の帯に「驚きに満ちた日本列島史!」とあり、ハードルをあげますねと内心思っていたのですが、実際驚きに満ちていました。
 なぜ日本列島は弓形をしているのかや、フォッサマグナ、ブラキストン線、北海道の泥炭はニッカウヰスキーの香りづけにつかわれているや、二宮金次郎さんのご活躍に至る経緯、富士山の凄さ、近畿三角帯、大阪人が全員恐れているだろう南海トラフ地震(最初の文書記録は日本書紀)のことなど、その他日本全国地域ごとに地形は勿論雑学もまぜつつ紹介されています。読み終わると、冒頭の「諸地形無常」に納得です。
 追記、昔は噴火した山に官位を与えていたそうです。

 お薦め度:★★★★  対象:地形や歴史に興味のある人、地震に興味のある人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]