友の会読書サークルBooks

本の紹介「日本らしい自然と多様性」

「日本らしい自然と多様性 身近な環境から考える」根本正之著、岩波ジュニア新書、2010年5月、ISBN978-4-00-500654-0、780円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20100902】
●「日本らしい自然と多様性」根本正之著、岩波ジュニア新書

 日本の美しいふる里の原風景は、人間と自然との共生で作り上げられてきた〈半自然の生態系〉である。しかし、近年土地改良や化学肥料の開発によって作り上げてきた環境に、外来植物が順応してきて、また新たな生態系を作りつつある。そのような中でどうすれば、日本の在来植物の多様性をとりもどすことができるのか、著者は、まず、植物の生態をじっくりと学ぶことを提言する。今はやりの帰化植物ぬきとり作戦ははたして効果があるのか。むしろ帰化植物が生えないような環境作りこそ重要と説く。
 これから、半自然を再生し生物多様性をとりもどすには、まず、若い人たちが植物に親しめる環境を作ること、そして、今も河川堤防やゴルフ場、都市空間などに残る〈原風景〉を広げ、その環境を維持していくことを説いている。

 お薦め度:★★★  対象:

[トップページ][本の紹介][会合の記録]