友の会読書サークルBooks

本の紹介「日本の山はなぜ美しい」

「日本の山はなぜ美しい 山の自然学への招待」小泉武栄著、古今書院、1993年8月、ISBN4-7722-1330-9、2600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20071222】
●「日本の山はなぜ美しい」小泉武栄著、古今書院

 「山の景色」を学問する、前代未踏の領域に挑戦した学徒の四半世紀におよぶ研究の成果に裏打ちされた、山への招待状である。
 そしてこの本のタイトルは世界の山々を行脚してなおかつ彼が私たちへ送る熱いメッセージなのである。日本の山の魅力は森林限界を越えたとたん視界が開け、多彩な景観が展開するところにある。さまざまな植物群落、残雪、砂礫地、岸壁と崖錐、湖と水の流れ。この「山の景色」、すなわち高山帯の自然景観をつぶさに地質学的に解き明かした経緯が、彼の修論、博士論文に結晶したようだ。彼のフィールドの白馬岳や木曾駒ヶ岳をかって一夏の登山者として通過した経験が、この本に親愛度を深めたのかもしれない。一つの学問の領域を超えてそこを愛する学問のありようを胸に届けてくれる希有の本である。

 お薦め度:★★★★  対象:山登りを趣味にしている人、山の風景に魅了されたことのある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]