友の会読書サークルBooks

本の紹介「日本の深海」

「日本の深海 資源と生物のフロンティア」瀧澤美奈子著、講談社ブルーバックス、2013年7月、ISBN978-4-06-257824-0、800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20140216】
●「日本の深海」瀧澤美奈子著、講談社ブルーバックス

 日本は深海大国なのだ。水深5000mより深い海域の体積は世界第1位とか。豊かで変化に富んだ日本近海の深海物語が生き生きと展開されている。まずは、深海底への旅。北海道沖から沖縄近海まで広々とした海底散歩が楽しめる。次は深海に眠る資源の話へと続く。深海開発が「黄金の国・ジパング」をよみがえる勢いで進みつつあるという。熱水鉱床は金属元素の「宝の山」、深海の「泥」にはレアアースが眠っている。これからの掘削技術に期待がふくらむ。後半は、深海に住む生物で楽しませてくれる。深海は特異な生物空間だ。最後は海水の話へと進む。深層水循環の話もある。海水は酸性化にすすんでいるとか。近年の海の科学が堪能できる本である。

 お薦め度:★★★★   対象:深海を散歩したい人、地球環境に関心のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]