友の会読書サークルBooks

本の紹介「ねずみに支配された島」

「ねずみに支配された島」ウィリアム・ソウルゼンバーグ著、文藝春秋、2014年6月、ISBN978-4-16-390081-0、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20140818】
●「ねずみに支配された島」ウィリアム・ソウルゼンバーグ著、文藝春秋

 人類の地球上全ての地域への移行の伴い、野生生物がかつてないスピードで絶滅しつつある。しかしそれは、人間が直接手を下しているばかりではなく、人間が移動の際に意識的または無意識に連れて行った生物による間接的なもので、その中の最悪の生物をネズミであると著者は位置づけている。ネズミの被害の例は読んでいて恐ろしくなってくる。しかし、ネズミが野に放たれたら最後かと思いきや、抗血液凝固剤の利用により、実際にネズミを根絶させた事例が多数あるらしい。本書は、ニュージーランドをはじめ、世界各地で野生生物を安全な無人(ネズミ)島に移したり、ネズミを撲滅させる薬剤を散布した人々の活躍や、それに反対あるいは理解しない人たちとの相克が記されていて考えさせられる。

 お薦め度:★★★  対象:野生生物や外来種の現状に興味がある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]