友の会読書サークルBooks

本の紹介「眠れない一族」

「眠れない一族 食人の痕跡と殺人タンパクの謎」ニエル・T・マックス著、紀伊国屋書店、2007年12月、ISBN978-4-314-01034-4、2400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20080627】
●「眠れない一族」ダニエル・T・マックス著、紀伊国屋書店

 研究者がプリオン病の正体を見つけていくプロセスをたどる、一種の倒叙ミステリ。従来の病原体という概念の中では、プリオンがいかに異常な存在かがよくわかる。スクレイピーからBSE、クールー病、そしてタイトルにある致死性家族性不眠症(FFI)。さまざまなプリオン病の軌跡が語られる。そして、将来、アルツハイマー病など現代の難病の多くの原因がプリオンかもしれないことが示唆される。
 という表のストーリーと合わせて述べられるのは、研究者の裏の顔。プリオンを研究してノーベル賞をとった研究者にろくな奴はいない。そして、政府の実態。イギリスもアメリカも、政府は消費者の味方ではない。これは万国共通らしい。ぜったいにアメリカの牛肉を食べるのはやめておこうと思った。

 お薦め度:★★★  対象:狂牛病などプリオン病に興味のある人、あるいはミステリファン(本格ミステリ限定のファンを除く)

[トップページ][本の紹介][会合の記録]