友の会読書サークルBooks

本の紹介「南極大紀行」

「南極大紀行」NHK「南極」プロジェクト編著、日本放送出版協会、2003年12月、ISBN4-14-080837-3、1900円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【早川友康 20040423】
●「南極大紀行」NHK「南極」プロジェクト編著、日本放送出版協会

 壮大な南極の大自然と、それを解明しようとする人々の記録。かつて有名な探険家ですら命を落とした南極の地に、金さえだせば誰もが行ける時代となった今日でも、解明されていない事は沢山ある。それらを解明しようとする研究者や取材した人々の体験が綴られている。例えば、オーロラの研究や、ドーム富士で行われている氷床調査等だ。又、一見何もいないと思われがちな、南極の海、コモンウェルス湾の海底に、広がる巨大海藻群等も、豊富な写真を取り入れて紹介した、南極の入門書。

 お薦め度:★★  対象:南極に興味のある人

【中条武司 20040421】
●「南極大紀行」NHK「南極」プロジェクト編著、日本放送出版協会

 NHK取材班がドキュメンタリー撮影のために訪れた地球最後の未開の地、南極。あまりにも厳しい自然を通して地球を知ろうとする世界各国の調査隊に同行したり、極寒の海に潜り未知の自然を映像に記録する様子が書かれている。また、その取材を通して得られた科学的知見をトピック的に紹介しており、今南極調査で何が行われているかを知ることが出来る。
 南極では風邪をひかないとか、基地で行われるパーティーの様子など、余談も読んでいて楽しい。取材班が取材を通して見た南極の臨場感が生き生きと伝わってくる。

 お薦め度:★★★  対象:自然ドキュメンタリー取材に興味のある人、または全地球的な環境問題に興味のある初心者

[トップページ][本の紹介][会合の記録]