友の会読書サークルBooks

本の紹介「図解 内臓の進化」

「図解 内臓の進化 形と機能に刻まれた激動の歴史」岩堀修明著、講談社ブルーバックス、2014年2月、ISBN978-4-06-257853-0、980円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20140821】
●「図解 内臓の進化」岩堀修明著、講談社ブルーバックス

 呼吸器系、消化器系、泌尿器系、生殖器系、内分泌系と内臓を5つに分けて、脊椎動物を中心にどのような構造になっているかを紹介していく。最後には昆虫の内臓の章のおまけもある。
 脊椎動物のグループごとの内臓を並べて比較してくれるので、進化について考える参考になる。呼吸器系なら鰓や肺のみならず、咽頭交叉。消化器系なら胃や腸のみならず、食道や舌。泌尿器系では腎臓のみならず、体液調整法。あまり他では見ない部分も取り上げてくれている。鳥の呼吸システムの説明も分かりやすい(ってゆうか、ようやく理解できた!)。
 アリクイ、コウモリ、クジラは、呼吸と嚥下を同時に行える。的な小ネタがいっぱい仕込めるので、ホネホネ団的には、必須の一冊。

 お薦め度:★★★  対象:動物の解剖をしたことある人、してみたい人。脊椎動物の進化に興味のある人。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]