友の会読書サークルBooks

本の紹介「内臓とこころ」

「内臓とこころ」三木成夫著、河出文庫、2013年3月、ISBN978-4-309-41205-4、780円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20141024】
●「内臓とこころ」三木成夫著、河出文庫

 本書は初版出版から30年以上を経て文庫化された。著者は解剖学者である。海から生まれた私たちには潮間リズムがあり、4億年の進化の記憶が波動となって内臓に刻み込まれているという。壮大すぎて目が回りそうな話だが、おしっこ、胃袋、季節の情感など、日常だれもが覚える感覚に即して語られており、なんだかストンと腑に落ちるのだ。こころ=内臓のリズムは宇宙のリズムを宿しており、すべての生きものは共鳴・共振する。Don't think Feel!

 お薦め度:★★★  対象:内臓は宇宙を内蔵しているんだぞう。感覚を大事にするひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]