友の会読書サークルBooks

本の紹介「虫食む人々の暮らし」

「虫食む人々の暮らし」野中健一著、NHKブックス、2007年8月、ISBN978-4-14-091091-7、971円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20080222】
●「虫食む人々の暮らし」野中健一著、NHKブックス

 この手の本の著者は、?第三者的立場をとり、「・・・だってさ」という人と、?全くはまり込んでいる人があるが、本書の著者は完全に後者。虫を食べる描写が生き生きしていて気持ちがよい(悪い?)。とても勉強になったのは、類書に昆虫食はタンパク源補給のような表現があるのを本書では完全に否定し、何度も嗜好品と説明している点である。つまり昆虫食者は食うに困っているわけではない。それほどおいしいのか昆虫は!! でも、カメムシのにおい取りをしながら顔を背けている写真(113ページ)はそこまでしてまで・・・と笑ってしまう。

 お薦め度:★★★★  対象:あらゆる食物に食べ飽きた人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]