友の会読書サークルBooks

本の紹介「ムササビ 空飛ぶ座ぶとん」

「ムササビ 空飛ぶ座ぶとん」川道武男著、築地書館、2015年2月、ISBN978-4-8067-1486-6、2300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20150619】
●「ムササビ 空飛ぶ座ぶとん」川道武男著、築地書館

 北海道のナキウサギの研究者としても知られている著者が、9年にもわたるムササビ研究の記録である。奈良公園に棲むムササビ百数十頭に個体識別をしてムササビの「交尾・繁殖戦略」を明らかにしている。まずは、ムササビのくわしい解説から始まる。次に、暗闇の中、あの高い樹の上をさっと滑空していくムササビの一匹一匹を識別することから観察は始まる。圧巻は5章以下。「行動圏となわばり制」「交尾をめぐるオスの争い」「交尾栓の秘密」と続く。発情期を迎えた雌の行動や、雌を奪おうとするオス同士の熾烈な行動がくわしく書かれている。思わず読者も目の前のムササビを追っているような錯覚を覚える。細かな記載が続くこともあるが、まるで〈ムササビ劇場〉をながめているがごとく読んで楽しめる。哺乳動物調査の方法についてこれほど具体的に書かれた本はないだろう。著者には妻美枝子氏との共著『けものウォッチング』(京都新聞社1991)など一般普及書もある。

 お薦め度:★★★★  対象:動物好きの中高生、ムササビ観察会などの参加者

[トップページ][本の紹介][会合の記録]