友の会読書サークルBooks

本の紹介「モグラの生活」

「モグラの生活」飯島正広著、福音館書店「たくさんのふしぎ」2007年8月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20071220】
●「モグラの生活」飯島正広著、福音館書店「たくさんのふしぎ」2007年8月号

 モグラの生の姿をこんなにも記録した本はまずない。
 著者は、まず、観察用のモグラトンネルを作る。でも、半分切り開いた形になっていて、モグラは外に出ようと思えばすぐに出れる。でも、モグラは外に出ないという。もぐらは「体になにかふれてないとこわい」のだそうだ。なるほど。おもしろい習性だ。
 モグラトンネルで、二匹がはち合わせになるとどうなる? 激しいけんかが始まるのだそうだ。ん? 目が見えるの? 見えなくても、相手をやっつける〈秘密の武器〉が機能しているという。すごい。すごい。
 著者は、もぐら名人の案内でついにモグラの巣をつきとめた。やがて、巣の中に内視鏡が入る。いたいた、もぐらの赤ちゃんだ。このような映像は本邦初公開ではないか。

 お薦め度:★★★  対象:小学生から大人まで

[トップページ][本の紹介][会合の記録]