友の会読書サークルBooks

本の紹介「ミミズの謎」

「ミミズの謎 暗闇で光るミミズがいるって本当!?」柴田康平著、誠文堂新光社、2015年11月、ISBN978-4-416-11520-6、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20160225】
●「ミミズの謎」柴田康平著、誠文堂新光社

 道で干からびたミミズを見たことがありますか?ありますよね。地面を必死で移動しているミミズを見て、まるで自殺行為じゃないか、どうして安全な土中からわざわざ陽の当たる地面に出てくるんだろうと思ったことも。著者は分からないことを分からないままにしておけない性分のよう。通勤路で出会うミミズを毎日数えて記録をつけ始めます。ミミズが地中から這い出してくるのは、過去の研究では降雨の影響とされていましたが、自身の観察によって別の周期があることに気付きます。さらに、希少と思われていた光るミミズが、実はどこにでもいることを明かしたり。「「気がする」といった感覚だけでデータを取らずに議論をしても、それは科学ではない」と著者は語っています。謎を解き明かす楽しさが詰まった一冊。

 お薦め度:★★★★  対象:地面を這うミミズを見たら、ひそかに応援しているひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]