友の会読書サークルBooks

本の紹介「右利きのヘビ仮説」

「右利きのヘビ仮説 追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化」細将貴著、東海大学出版会、2012年2月、ISBN978-4-486-01845-2、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20120628】
●「右利きのヘビ仮説」細将貴著、東海大学出版会

 カタツムリを食べるヘビと、カタツムリの研究を志した変人が、数々の謎を解き明かし、めでたく研究者になる。というストーリー。最初に注意しておくが、これを読んで研究者を志すのはお薦めできない。このやり方は極めて無謀。うまくいったから研究者になれたが、挫折する可能性も高かった。
 それにしても、学部生の時に思いついたアイデアで、博士論文を書き上げたのはすごい。運もあるだろうが、著者の研究者としてのセンスの高さをうかがわせる。
 カタツムリばかり食べて暮らすイワサキセダカヘビというヘビは顎が左右非対称。それはどうやら右利きだからで、右巻きのカタツムリは上手に食べれるが、左巻きはうまく食べれない。じゃあこのヘビの存在が、左巻きのカタツムリの進化をうながした? といった流れで、次々と謎が解き明かされていく。謎の提示と謎の解明の繰り返しで続くストーリーは楽しく読みやすい。

 お薦め度:★★★★  対象:自然のミステリーの解明に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]