友の会読書サークルBooks

本の紹介「ミクロな化石、地球を語る」

「ミクロな化石、地球を語る 微化石に刻まれた絶滅と再生」谷村好洋著、技術評論社、ISBN978-4-7741-4426-9、2010年11月、1580円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【村山涼二 20110222】
●「ミクロな化石、地球を語る」谷村好洋著、技術評論社

 深海底に降り積もったミクロンサイズの小さい化石(微化石)の美しい精巧な形を、多くの写真が示している。その微化石の種類が地球での地質年代の決定に大きな役割を果たしている.日本海の形成と日本列島の生成の過程(途中での日本海の淡水化など)を微化石が示している.海洋大循環、日本をめぐる海流の変化も微化石の調査で分かる.最近の河川よりの流入水質の変化も堆積プランクトン珪藻から分かる。著者は、微化石の観察で、「ミクロな化石が語る地球は、日常の中の楽しい非日常を提供してくれる」と述べている。自分で微化石を探しに行きたくなる。

 お薦め度:★★★★  対象:地球の歴史に関心のある方

[トップページ][本の紹介][会合の記録]