友の会読書サークルBooks

本の紹介「未知なる地底高熱生物圏」

「未知なる地底高熱生物圏 生命起源説をぬりかえる」トーマス・ゴールド著、大月書店、2000年9月、ISBN4-272-44028-4、3800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20040227】
●「未知なる地底高熱生物圏」トーマス・ゴールド著、大月書店

 著者は、天文学、地質学、生理学など様々な分野に首をつっこんでは、門外漢ならではの視点で、しばしばその分野の常識を覆してきた研究者。その著者が、地底高熱生物圏をひっさげて生物学に殴り込みをかける。
 地底高熱生物圏とは、数キロメートルを越える地下に、多くの最近など微生物が生息しており、その量は地表の生物圏にもひけをとらないというもの。著者の主張は、さらに地底高熱生物圏こそが地表を含めた地球生物の起源であり、それは地球以外の惑星や衛星にもある可能性にまで言及する。こうなるとSFを読んでいるような気分。
 このように内容はとてもおもしろいのだが、気になるのは翻訳のまずさ。一読では頭に入ってこないこなれていない文がやたらと目立つのが残念。

 お薦め度:★★★  対象:SFのような話に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]