友の会読書サークルBooks

本の紹介「魔女の薬草箱」

「魔女の薬草箱」西村佑子著、山と渓谷社、2006年4月、ISBN4-635-81008-9、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【高田みちよ 20070810】
●「魔女の薬草箱」西村佑子著、山と渓谷社

 読み始めてすぐに驚きが。魔女はホウキに乗って飛ぶものと思っていたのに、魔法がかかっているのはホウキではなく、全身に塗る軟膏が重要らしい。ホウキに乗る前に入念に軟膏を塗る必要があり、軟膏を塗れば魔女でなくても飛べるらしい。つまりは軟膏を作るところが魔女の技術。で、魔女の軟膏の材料が載っている。つまりは麻薬のようなもので、塗ることにより飛ぶような幻覚を見るということらしい。材料の薬草について、一種ずつ解説がある。飛ぶ軟膏だけでなく、魔女が使ったという記録のある薬草が詳しく解説されている。ドイツにおける魔女狩りや魔女に対する認識や記録などが絵や写真でわかりやすく解説されている。

 お薦め度:★★★  対象:魔法好き、薬草好きの方

[トップページ][本の紹介][会合の記録]