友の会読書サークルBooks

本の紹介「マチカネワニ化石」

「マチカネワニ化石 恐竜時代を生き延びた日本のワニたち」小林快次・江口太郎著、大阪大学出版会、2010年6月、ISBN978-4-87259-215-3、2400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20110217】
●「マチカネワニ化石」小林快次・江口太郎著、大阪大学出版会

 1964年に待兼山の大阪大学豊中キャンパスで発見されたマチカネワニの完全記載論文がようやく最近になって報告された(2006)。本書は研究が一段落し、オリジナル標本が大阪大学に返還されたのを契機とした記念的な出版である。マチカネワニの発見の経緯、形態的な特徴が詳しく書かれており、学名のToyotamaphimeiaは、古事記に出てくるワニの化身である豊玉姫から名付けられたことや、下顎が欠損しているのは化石が発見されなかったからではなく、その状態で生存していたこと、鱗には現生種のような陵がなかったことなどが理解できる。更には、他のワニとの比較のため、ワニ類全般についても基礎的な情報がまとめられている。現在、マチカネワニのオリジナル標本は待兼山修学館で公開されている。

 お薦め度:★★★★  対象:ワニについて知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]