友の会読書サークルBooks

本の紹介「ライオンのしごと」

「ライオンのしごと どうぶつさいばん」竹田津実作・あべ弘士絵、偕成社、2004年9月、ISBN4--03-331360-5、1400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20050629】
●「ライオンのしごと」竹田津実作・あべ弘士絵、偕成社

 タンザニアの草原で、どうぶつ達による裁判が開かれる。被告はライオン、原告はヌー、裁判長はハイラックス。罪状は、ライオンが原告のヌーのお母さんを食べたこと。はたして裁判の行方は!
 肉食動物が他の動物を食べることを、子どもにいかに説明するか、という話です。ライオンが有罪では話にならないし、無罪にするならその理由をどうするんだろう?と思って読み進めることになります。次々とおもに食べられる側の動物による証言が続いていって、最後に判決。
 そもそも、肉食動物による捕食を、人間の勝手な道徳観で裁こうという設定自体が馬鹿馬鹿しい。判決結果もまったく理屈のわからないもの。仮にライオンが病気でないヌーを殺したとしたら有罪だったのか?

 お薦め度:★  対象:ライオンとヌーといった捕食・被食関係について充分な知識があり、動物の世界に人間の価値観をそのまま当てはめる事の間違いをわかっている人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]