友の会読書サークルBooks

本の紹介「きょうは たびびより」

「きょうは たびびより」とうごう なりさ著、福音館書店ちいさなかがくのとも2017年10月号、389円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20171219】
●「きょうは たびびより」とうごう なりさ著、福音館書店ちいさなかがくのとも2017年10月号

 秋、ヒヨドリたちは、群れになって南へ西へ渡っていきます。そんなヒヨドリの群れが海を渡るとき、群れは海に出ては戻るを繰り返しなかなか渡りません。数十羽、数百羽のヒヨドリが、行ったり来たりする光景は、とても印象的。
 ヒヨドリの渡りの群れが、海を越えようとするけど、ハヤブサが出現して、戻り、もう一度飛び出しては戻り、ようやく海を渡る。その様子が、消しゴム判子で描かれます。ヒヨドリたちは消しゴム判子とは思えないほど生き生きしていて、嘴の形をはじめヒヨドリの表情や、翼や尾の形やプロポーションもとても良くできてる。もう一方の主役のハヤブサもとても格好いい。

 お薦め度:★★★  対象:鳥好き、絵本好き


[トップページ][本の紹介][会合の記録]