友の会読書サークルBooks

本の紹介「共生細菌の世界」

「共生細菌の世界 したたかで巧みな寄主操作」成田聡子著、東海大学出版会、2011年6月、ISBN978-4-486-01844-5、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20120618】
●「共生細菌の世界」成田聡子著、東海大学出版会

 「生物はすべて利己的である。」という文章から本書は始まる。「共生」というと、お互い協力して助け合って生きているような印象があるが、本書でのこの用語の意味はやや異なり、単に複数種が同所的に生活する現象を指している。ここで取り上げられているのは、キタキチョウに共生する細菌、ボルバキアの事例である。この細菌が自己を増やす戦略は、自分を子孫に伝えてくれないオスをメスに性転換してしまう、という方法である。共生細菌が宿主のチョウの性を操り、今もその分布を拡張している・・・。最初はキタキチョウとキチョウの遺伝的分化の解明から始まった研究が思わぬ発見につながっていく過程を、研究の楽しみ、苦しみをまじえて教えてくれる。

 お薦め度:★★★★  対象:共生と性の不思議を知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]