友の会読書サークルBooks

本の紹介「協力と罰の生物学」

「協力と罰の生物学」大槻久著、岩波科学ライブラリー、2014年5月、ISBN978-4-00-029626-7、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20150227】
●「協力と罰の生物学」大槻久著、岩波科学ライブラリー

 自然界には、さまざまな協力関係が見られます。バイオフィルム、変形菌、アリの真社会性、鳥の共同繁殖、ミーアキャットの警戒声、チンパンジーの道具の貸し借り、根粒細菌・菌根、クマノミとイソギンチャク、掃除魚etc。そうした協力関係の進化のメカニズムとして、血縁選択、直接互恵性(もちつもたれつ)、間接互恵性(情けは人のためならず)の3つの理論がある。しかし、協力関係には、つねにフリーライダーの出現が問題となる。フリーライダーを見つけ報復を行うという行動も自然界に広く存在する。
 その上で、最後は人間の協力と罰の話。利他的罰に非社会的罰。謎はあるけど人間は罰を与えるのが好きなんだということだけは、納得してしまった。最後では、協力関係を維持する仕組みとして、罰と報酬を比較する。ここにきて実際の我々の社会について考えさせられる。犯罪を罰で抑制するのではなく、報酬によってさらによい社会ができる可能性が開けないものか。SF的な社会を想像てみるのも楽しい。

 お薦め度:★★★  対象:ゲーム理論を少しでいいから知っていて、利他行動から社会を考えてみたい人へ

[トップページ][本の紹介][会合の記録]