友の会読書サークルBooks

本の紹介「巨大津波は生態系をどう変えたか」

「巨大津波は生態系をどう変えたか 生きものたちの東日本大震災」永幡嘉之著、講談社ブルーバックス、2012年4月、ISBN978-4-06-257767-0、1000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20121012】
●「巨大津波は生態系をどう変えたか」永幡嘉之著、講談社ブルーバックス

 2011年3月11日の東北大地震の大津波は、人間が営んでいた家屋や施設を破壊したのみではなく、豊かであった東北の自然の生態系にも大きな爪痕を残した。津波の直撃もさることながら、それが残していった塩分の影響は大変大きく、地震後何か月、更にはもっと遅れてその影響が現れる。人間の活動により、元々寸断され、かろうじて残っていた貴重な自然が、他所からの補充も当てにできず、脆くも消えていく現象が今進行しているのである。復旧という名の大義により、環境アセス抜きの工事が、その消失にさらに拍車をかけているらしい。本書は、美しい写真を撮るのが本分の写真家があえて記録した、美しくない写真記録であり、その訴えるところ大である。

 お薦め度:★★★  対象:大津波後の惨状をもっと知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]