友の会読書サークルBooks

本の紹介「クサレケカビのクー」

「クサレケカビのクー」越智典子文・伊沢正名写真・塩田雅紀絵、福音館書店「たくさんのふしぎ」2006年7月号、2006年7月、390円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20060624】
●「クサレケカビのクー」越智典子文・伊沢正名写真・塩田雅紀絵、福音館書店「たくさんのふしぎ」2006年7月号

 クサレケカビの〈クー〉と〈わたし〉との対話形式で話は進む。
 カビはきたなくて気持ちわるいと思う〈わたし〉に
 「そんなあ、あんなにきれいなのに…」と〈クー〉。〈クー〉に案内されて,〈わたし〉はカビの世界を見て回る。一つ一つ拡大されたカビの姿(写真)はほんとにきれいだ。
 「カビがあちこちで、おいしい食べものを囲んでビクニックしているの」
 「カビは、ほんの少し、食べ物をわけてもらいたいだけなの」
と〈クー〉が語る。
 カビのおかげで生き物の死体も土にもどっているこや、鰹節、みそ、しょうゆ、お酒など、人もかびを利用していることを知らされ、〈わたし〉もカビがより身近になってしまう。
 あっさりとした語りで、美しいカビの世界を道案内してくれる。

 お薦め度:★★★★  対象:生き物に興味のある小学校中学年から

[トップページ][本の紹介][会合の記録]