友の会読書サークルBooks

本の紹介「やあ出会えたね! クモ」

「やあ出会えたね! クモ」今森光彦著、アリス館、2005年4月、ISBN4-7520-0303-1、1400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20051027】
●「やあ出会えたね! クモ」今森光彦著、アリス館

 写真家今森光彦さんの「やぁ!会えたね」シリーズの一冊である。
 『くも』には、今は少し数が減ってきたコガネグモが登場する。最初に出てくる見事なコガネグモの網の写真にしばし見とれる。さすがプロの写真だ。
 「からたちの垣根にいたコガネグモを、見ていたときです。/ 目の前で、アゲハチョウが網にかかりました。/ チョウは、ひっしにはねをはばたかせますが、/ 弾力ある網は、大きくゆれてもやぶれません。/ …   …   …  … 。」
 緊張した描写が続く。やっと獲物をしとめたクモの満足感と重ねて今森さんの気持ちが綴られている。写真では、クモの足や網の拡大写真、脱皮の連続写真、産卵の写真など迫力満点である。

 お薦め度:★★★  対象:小学中学年以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]