友の会読書サークルBooks

本の紹介「クマゼミから温暖化を考える」

「クマゼミから温暖化を考える」沼田英治著、岩波ジュニア新書、2016年6月、ISBN978-4-00-500833-9、820円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20161028】
●「クマゼミから温暖化を考える」沼田英治著、岩波ジュニア新書

 身近な生き物が学問に値する、科学する楽しみを教えてくれる好著。都市の温暖化が様々な問題をはらみ、その具体例は何か?時代の変遷から浮上してきたのが、誰でも知っている夏の風物誌、セミの変遷!
 なぜアブラゼミが減ってクマゼミが多くなったのか?温暖化を土壌の乾燥度ととらえて、セミの生活環から何年にもわたる実験を経て、都市の自然を解明していく!誰もが知っているカードが科学的裏付けを得て現状がつまびらかにされるのだ!

 お薦め度:★★★  対象:身近な自然に興味のあるかた
[トップページ][本の紹介][会合の記録]