友の会読書サークルBooks

本の紹介「クマムシ研究日誌」

「クマムシ研究日誌 地上最強生物に恋して」堀川大樹著、東海大学出版部、2015年5月、ISBN978-4-486-01996-1、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20151029】
●「クマムシ研究日誌」堀川大樹著、東海大学出版部

 クマムシは体長が1ミリメートル以下で、形がクマに似ている無脊椎動物。乾くと樽のように縮まって休眠状態になり、それが非常に高い耐性を持つことから地上最強生物、なんて紹介されることも。偶然テレビで見かけたクマムシに心奪われたことから研究を始め、挫折と成長を繰り返し、ついに自らヨコヅナクマムシと命名したクマムシの飼育系を確立、極限環境動物のモデル生物として研究利用できる道をつける。最強生物なのに飼育が難しかったなんて!国内での就職が不遇を極めるなか、逆転サヨナラ弾でNASAに採用されたくだりは痛快。クマムシキャラクターグッズで収益を得、将来の夢はどこにも雇われないクマムシ研究所の設立。天の邪鬼を自認する著者。我が道をいく活躍ぶりがたのもしい。

 お薦め度:★★★  対象:お笑いの世界同様、しのぎを削る生物研究の世界をのぞいてみたいひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]