友の会読書サークルBooks

本の紹介「クマムシ?!」

「クマムシ?! 小さな怪物」鈴木忠著、岩波科学ライブラリー、2006年8月、ISBN4-00-007462-8、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【加納康嗣 20060922】
●「クマムシ?!」鈴木忠著、岩波科学ライブラリー

 緩歩動物門という初めて聞くような、字も読めないけったいな動物であるのに、目が2つある。愛嬌ある姿や形をして熊のようにのそのそ動いている。それが、何と1770年代から知られていて、「小さな樽型」に固まって全く水分を失っても、あくまでも死んでおらん!命が潜伏している!乾いて眠っている!という信じられない状況で、少なくとも数年間は生き続け、しかも身近な苔の中など何処にでもいる。世界に1000種、いやもっと続々出てきそう。面白くて、わかりやすく、一気に読み切ってしまった。著者の初心の驚きや感動が伝わってくる。いつかこの「乾眠」を科学して、誰でも仙人になる時代が来るかも。

 お薦め度:★★★★  対象:生き物に関心がある人、不老長寿を夢見る人

【高田みちよ 20061020】
●「クマムシ?!」鈴木忠著、岩波科学ライブラリー

 某テレビ番組で「絶対に死なないムシがいる」というので始めて知ったクマムシ。クマムシは乾燥、真空、電子レンジ、放射線、超低温、高圧に耐えるらしい。しかし本書の第2章でオニクマムシの飼育顛末が述べられているが、「隙間の好きなオニクマムシが寒天の隙間に入って窒息死する」と述べられている。えっ?簡単に死ぬんじゃないか・・・。
 「絶対に死なない」というイメージが先行したクマムシの本性や飼育方法、研究の歴史などを一般向けによみやすく解説されていて、非常に面白い本である。

 お薦め度:★★★  対象:中学生以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]