友の会読書サークルBooks

本の紹介「コウモリの謎」

「コウモリの謎 哺乳類が空を飛んだ理由」大沢啓子・大沢夕志著、誠文堂新光社、2014年4月、ISBN978-4-416-11442-1、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20141021】
●「コウモリの謎」大沢啓子・大沢夕志著、誠文堂新光社

 コウモリには吸血鬼ドラキュラの不吉なイメージがつきまとうことがあるが、実は大変かわいい動物なのですよ。といっても大きい種は翼を広げると2mもある。やっぱり血を吸う種もいるが、ヒトの血を吸う種は1種しかいない。意外と長寿。哺乳類の種の21%がコウモリだ。ヤシの葉をぐるっと噛んで作った空間にハレムを持つ種がいる。
 などなど、本書を読むと実に様々で魅力的なコウモリの側面を知ることができる。世界のコウモリ鑑賞スポットも紹介されており、実際著者たちはそれらを見に行くことに生きがいを感じているのだ。あまり熱心に読むと、著者たちのようにコウモリにはまってしまうかもしれない。

 お薦め度:★★★  対象:動物が好きな人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]