友の会読書サークルBooks

本の紹介「コウモリのふしぎ」

「コウモリのふしぎ 逆さまなのにもワケがある」船越公威・福井大・河合久仁子・吉行瑞子著、技術評論社、2007年7月、ISBN4-7741-3135-0、1580円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20071018】
●「コウモリのふしぎ」船越公威・福井大・河合久仁子・吉行瑞子著、技術評論社

 コウモリについて、分類、生活環(生態)、エコーロケーション、繁殖、生理、冬眠のような普通に知りたい内容から、大変知りたい進化まで、コンパクトにまとめられた本。まず、コウモリは哺乳類5416種中1116種を擁す大所帯であることに驚く。18科各々の特徴が分布図入りで要領よくまとめられている。“変な顔”の解説も楽しい。飛翔法の解説も詳しい。極めつけの“進化”は最新の分子系統学の成果が盛り込まれており、他の哺乳類との関連も未解決の問題山積ながら興味深くよむことができる。グラビアの写真も大変見事。

 お薦め度:★★★★  対象:コウモリの全てを知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]