友の会読書サークルBooks

本の紹介「校庭のコケ」

「校庭のコケ」中村俊彦・古木達郎・原田浩著、全国農村教育協会、2002年9月、ISBN4-88137-092-8、1905円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20050419】
●「校庭のコケ」中村俊彦・古木達郎・原田浩著、全国農村教育協会

 校庭周辺など身近な場所にある蘚苔類と地衣類あわせて190種が紹介されています。第1部はコケの探し方、第2部が図鑑。第3部では、コケの調べ方が解説されます。コケの顕微鏡観察の仕方から標本の作り方まで説明されていて、コケ入門書としてはけっこうすぐれもの。というか、お手ごろ価格での類書はありません。
 もちろん、ぼんやりコケの写真をながめているだけでも楽しい。が、なんとなく絵合わせで種名を調べようとしても無理。やっぱり顕微鏡でちゃんと観察しないといけないらしい。

 お薦め度:★★★  対象:コケを勉強したい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]