友の会読書サークルBooks

本の紹介「個性のわかる脳科学」

「個性のわかる脳科学」金井良太著、岩波科学ライブラリー、ISBN978-4-00-029571-0、2010年6月、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20111028】
●「個性のわかる脳科学」金井良太著、岩波科学ライブラリー

 人間一人一人の違いが、脳のどの部分のどのような違いに基づいているのか。こうした個人差を脳の構造で説明しようとする研究分野を紹介。
 睡眠不足は不幸を招く。孤独感は伝染する。と書くと、テレビのバラエティ番組でいい加減に紹介されている科学と称するものを彷彿とさせる。が、きちんと調べた研究結果から、そうした現象があるらしいことが示されている。そうしたトピックにもまして気になるのが、脳科学の進歩が社会に与える可能性。
 脳の構造が個人の個性を決めているとしたら、脳に刺激を与えるなどして構造を変え、個人の個性を変え、行動をコントロールし、さらには社会までも制御できるかもしれない。個人差の脳科学の発達は、こうした夢物語のような事を、現実の脳テクノロジーとして実現するかもしれない。SFの世界の話だとばかり思っていたら、あながち笑ってはすまされないちょっと恐ろしげな可能性まで見え隠れする。

 お薦め度:★★★  対象:SF好き

[トップページ][本の紹介][会合の記録]