友の会読書サークルBooks

本の紹介「この羽 だれの羽?」

「この羽 だれの羽?」おおたぐろまり著、偕成社、2013年4月、ISBN978-4-03-437340-8、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20130823】
●「この羽 だれの羽?」おおたぐろまり著、偕成社

 近所で、拾った羽根の持ち主を考えてみよう。そこから始まる鳥の羽根の絵本。身近な鳥の羽根ミニ図鑑に、拾った羽根の保存方法まで。ストーリーはあまりなく、羽根拾い入門といった内容。
 キジバト、ヒヨドリ、スズメ、シジュウカラ、メジロ、ムクドリ、ハクセキレイ、ツバメ、コゲラ、カワラヒワ、ツグミ、カラス、ドバト、…。大都市の公園でよく拾う羽根はだいたい出てくる。
 とにかく見て欲しいのは鳥や鳥の羽根の絵の質の高さ。キジバトの絵一つをとっても、目の周囲の裸出部から、中央や最外の尾羽の描き分けまで、とても正確。日本で唯一、使えるイラスト羽根図図鑑。

 お薦め度:★★★★  対象:鳥の羽根を拾ったことのある人、拾ってコレクションしてみたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]