友の会読書サークルBooks

本の紹介「昆虫はすごい」

「昆虫はすごい」丸山宗利著、光文社新書、2014年8月、ISBN978-4-334-03813-7、780円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20150224】
●「昆虫はすごい」丸山宗利著、光文社新書

 100万種以上はこの地球上にいるという昆虫、彼らの驚くべき習性や能力、生きる知恵をこの本は存分に語っている。小さな虫たちも「そこまでやっているのか」というのが読後の感想である。捉まえた獲物をすかさず麻酔させ鮮度を落とさせないくふう、得意なフェロモンを効果的に発せられるように改造されたガの触覚、摂氏100度ものおならを出して相手を攻撃するゴミムシ、空調完備の巨大な「蟻塚」を作るシロアリ等々枚挙にいとまない。もう8000万年も前から食料を「栽培」して食べている蟻もいる。「虫けら」とは侮れない「ムシ」たちの多様な驚くべき習性が紹介されている。

 お薦め度:★★★★  対象:虫好き、虫嫌いの人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]