友の会読書サークルBooks

本の紹介「昆虫擬態の観察日記」

「昆虫擬態の観察日記 虫たちが魅せる色と形のヘンな世界」海野和男著、技術評論社、2007年7月号、ISBN4-7741-3136-9、1680円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20071018】
●「昆虫擬態の観察日記」海野和男著、技術評論社

 世界の昆虫の色々な擬態やカモフラージュが紹介される。写真は美しく、インパクトも強い。葉っぱや花や枝へのカモフラージュ、チョウの擬態。そんな定番を押さえつつ、食べ残した葉っぱに似せたり、ヨモギの花序に似ていたり、鱗翅類の幼虫はなにかしらしてるらしいと思わせたり。コケの上で見事に見えなくなる直翅類、木の皮そっくりのカマキリ。アリに擬態したクモ、カメムシ、カマキリ、さらにはアリギリスって。
 このように写真を見るだけなら充分楽しめる。問題は、写真の間のページにはさまれている解説文。控えめに言っても不正確な内容が随所にみられる。よけいな解説をつけずに写真だけを並べて、その説明だけに終始したらよかった。たいへん残念な一冊。

 お薦め度:★★  対象:昆虫の擬態やカモフラージュをビジュアルに見てみたい人、ただし理屈に興味のある人を除く

[トップページ][本の紹介][会合の記録]