友の会読書サークルBooks

本の紹介「こまゆばち」

「こまゆばち」澤口たまみ文・舘野鴻絵、福音館書店かがくのとも2012年10月号、390円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20121216】
●「こまゆばち」澤口たまみ文・舘野鴻絵、福音館書店かがくのとも2012年10月号

 ケムシに食べられた木の葉を見つけてすかさずやってきた小さなハチ、近くにケムシがいることを察知する。小さなハチは、ケムシを見つけるとすばやくケムシの背中に飛び乗り、自分の産卵管をケムシの体に差し込む。ケムシはハチに刺されたことなどつゆ知らず、木の枝をゆっくりと歩いていく。しばらくすると、ケムシの体の中に異変が起きる。体内のすみずみで動ごめいている幼虫、ここまで、侵かされているのかと少々びっくりさせられる。次は、ケムシの体内からぞくぞく出てくるこまゆばちのウジ、これも自然のいとなみである。出てきたうじむしたちはまゆを作り新たな命をやどる。その場で寄主のケムシは力つきて死んでいく。大きなケムシの命と多くのこまゆばちの命の交換なのだ。5〜6才向けの本であるが、ページをくると思わず引き込まれてしまう。舘野氏の淡い絵が静かに自然界の宿命を描いている。

 お薦め度:★★★  対象:虫好き小学生低学年から

[トップページ][本の紹介][会合の記録]