友の会読書サークルBooks

本の紹介「好奇心の部屋デロール」

「好奇心の部屋デロール」今森光彦著、福音館書店たくさんのふしぎ傑作選、2008年11月、ISBN978-4-8340-2374-9、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20090424】
●「好奇心の部屋デロール」今森光彦著、福音館書店たくさんのふしぎ傑作選

 「その扉を開けると、そこはまるで別世界でした!」この本の仕立てがちょうどそのようになっていました。ですからページは始りを予感させる卵のロゴマークがついています。
 フランスの首都パリで裏参道から誘なわれる「好奇心の部屋デロール」への招待状でしょうか。世界の国々から集められたそこは生き物のパーティ会場。博物館のようにガラスのケースで隔てられることもなく、求める心がさまよい、やがて見いだすチャンスに出会える場所。日常にひそむ異空間が私たちの好奇心を試しにやってきた印象を持ちます。子どもも大人も身の丈にあった喜びをつかんで帰れるお店、そしていつかその夢の卵が孵化する日も近いでしょう。創業170年を誇る標本商「デロールの部屋へようこそ!」仕掛人今森さんのカメラ目線がうんだ美しい絵本だ。

 お薦め度:★★★★  対象:秘密の扉に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]